aqn_のブログ

雑多なツイートで流れてほしくない比較的重要な情報を留めるためのブログです。気軽にコメントして下さい。

皆様のおかげで4000円弱の利益が出ました。

 適当にオススメ商品とかを紹介してたら、アソシエイトで4000円近く利益が出てました。ブログに使った時間は4時間は超えてると思うので、時給換算すると最賃は下回ってると思います。とは言え割と適当でも思ったよりは儲かるなと思いました。両学長さんが副業でアソシエイトを薦めるのは理にかなってる気がする。

送料が有料の商品を買う際の最適な発注量の計算方法

 送料が有料になることを許容することで、生活費を大幅に抑えることができる。毎日使う日用品を通販で買う場合は、送料にも敏感でありたい。*1

 今回は次の商品を例に、最適な発注量を求める。送料は愛知県で378円である。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ciフロス ミントワックス 200ヤード(182m)
価格:324円(税込、送料別) (2019/6/17時点)

楽天で購入

 

 

 最適な発注量を決める際には「経済的発注量」というORの手法を用いることにする。以下、文字式は次のWikipediaの記事に準拠する。

経済的発注量 - Wikipedia

 

 送料を減らすために発注量を増やすことは、投資の一種と考えられる。株式投資のリターンは4-6%程度と言われているので、額面利回り*2を6%は求めたい。今回は額面利回り10%を求めるとする。-(a)

 また、フロスを保管にするのにも地代がかかる*3ので、そのことも考慮する必要がある。ここではフロス1個当り3.6円/年の地代がかかるとする。-(b)

 以上(a),(b)より、フロス1個あたりの保管コストはH=324*10/100+3.6=36(円/年)となる。

 さらにこの200ヤードのフロスを2ヶ月に1回使うとすると、D=12/2=6(個/年)となる。

 また送料はE=378(円)である。

 以上より、経済的発注量の値Qは、Wikipediaの式より

Q=√(2ED/H)=√(2*378*6/36)≒11.22(個)

 最適な発注量は11~12個となる。目標利回り10%というそこそこ強気の設定をしても、2年弱の日用品を一気に注文した方が良いという結果になった。

 

【地代の求め方】

 物を保管するのに必要な地代は、次のように求めればいい

物を保管するのにかかる地代= 物の体積 / 近所の賃貸物件の体積 * 近所の賃貸物件の家賃(円/月) * 12(月/年)

【具体例】

 建付け面積20平方メートルで家賃5万5000円の物件に住んでる人が、2Lのペットボトル飲料を保管する際にかかる地代を求める。このときの地代は、高さがだいたい2mとして

(2/1000) / (20 * 2) * 55000 * 12 = 33(円/年)

ペットボトル1本を保管するのにかかる地代は年間で33円となる。

*1:毎日使う日用品の送料は固定費なので、敏感でありたい。固定費に敏感になるべき理由は次の動画の通り。https://www.youtube.com/watch?v=R2c6g55U1LE&list=PLpwLNivKud-jSHTx8hArrxyUqmLgm1opb&index=5

*2:在庫が無駄になる可能性をゼロと仮定したときの利回り。在庫が無駄になる(気が変わってその商品が要らなくなる)可能性が高い場合は、額面利回りと実質利回りの乖離は大きくなる

*3:物を保管すると場所を取るので。これはマイホームでも変わらない。ただし、本当にスペースが余っている場合は、地代をゼロとしてもよい。

加湿器は象印製こそ至高

 加湿器が無い方や、加湿器の掃除が面倒くさくて困ってる方は、冬になる前に象印の加湿器を買われることをオススメします。大きさにより2タイプありますが、部屋の大きさに関係なく、大きい方を買うことをオススメします。理由は水道水の補給頻度を減らせるからです。

 象印の加湿器は非常にオススメです。しかし少し気になるところもあります。湿度の自動調整は「高め」「標準」「ひかえめ」と3段階設定できますが、「ひかえめ」を選択してもかなり強く加湿されるように思います。これは使用環境にもよるのかもしれませんが。

 

象印の加湿器の良いところ】

・メンテナンスがとても楽

・湿度に応じて自動的に加湿量を調節してくれるのでいちいち手動で加湿器のON/OFFを切り替えなくていい

・壊れにくく長期間使える

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

象印 スチーム式加湿器 EE-RN35-WA【送料無料】
価格:11400円(税込、送料無料) (2019/6/15時点)

楽天で購入

 


 

若者は老人よりも強い

 よく「老人が多数派になったら若者は老人に勝てない」という意見を目にするが、これは誤りである。日本と海外は相互に影響を及ぼし合っているし、世界は民主主義の論理以外にも資本主義の論理の圧力も受ける。

 老人のための負担を若者に押し付けすぎたブラジルでは、若者の出国が後を絶たない。日本の若者もこれを真似すれば良いのである。英語を勉強し、海外に脱出し、資本主義の論理で日本の老人を叩き潰すのだ。

年金受給額合計が支払い金額合計を上回れば得をするという話ではない

 年金受給額合計が支払金額合計を下回れば得をするという話ではありません。厚生年金保険料を支払わずに済めば、その代わりに自分で資産運用でき、大きな運用益が上がることが期待できるからです。概ね株式投資のリターンは4~6%と言われています。保守的な見積もりとして4%を仮定すると、税引き後の利回りは3.2%と言ったところでしょうか。*1

 一方厚生年金保険料の利回りはどうなっているか。それについて分かりやすくグラフにされている記事があります。

shintaro-money.com

 

 物価・名目賃金率が0%の仮定とは言え100歳まで生きても利回り2%越えないのは流石に草生えますよ。今現在で100歳まで生きれる人なんて全然いないじゃないですか。100歳まで生きれる人が増えたら、その分受給額が切り下げられるだけの話です。

 

*1:長期投資によるキャピタルゲイン課税の先送りによる効果はここでは無視します

「(国民年金よりも)圧倒的に不利な厚生年金」という話について

 厚生年金が国民年金よりも圧倒的に不利というのはそのとおりですが、あまり理解されていないと思われるので解説します。 

 年金はざっくり言うと労働収入が得られなくなったときのための保険です*1。確か次の3つで全てだったと思います。

・65歳になってからもらえる老齢年金(多くの人が年金と聞いて思い浮かべるのはこれ)

・傷害を負ったときの障害年金

・夫が亡くなったときにもらえる遺族年金

 

 年金は保険の一種です。国民年金は保険料に比べて保障が非常に分厚いです。基本ぼったくりな民間の保険とは大違いです。

 年金にはいくつか種類があって、加入者が多いのは厚生年金と国民年金です。厚生年金はサラリーマンの年金で、国民年金は自営業などの年金です。

 厚生年金には1階建て部分と2階建て部分があります。1階建て部分は最低限の収入を保障した基礎部分です。2階建て部分は収入の多い人の収入をより多くするための報酬比例部分です。厚生年金の基礎部分は国民年金の基礎部分と似たようなものだと思います。この部分は美味しいです。一方報酬比例部分はゲロマズです。保険というよりは税金です。厚生年金は、保険と所得の再分配の機能を抱き合わせしたものとなります。

 

 厚生年金は、インフレが無い場合は95歳まで生きないと元が取れません。橘氏の発言はそのことが念頭にあったと思われます。元本割れさえしなければいいという話ではないということについては別の記事で解説します。解説しました。http://aqn1.hatenablog.com/entry/2019/06/14/191543

 

 厚生年金にも良いところはあります。国民年金の場合、障害の度合いが3級の場合は障害年金の受給資格を満たしませんが、厚生年金では満たします。基礎部分はなく報酬比例部分のみとなります。ただし3級の障害年金の場合、最低受給額が定められており、低所得者の場合、この最低受給額が生きてきます。低所得の厚生年金加入者は、老齢年金が不利になるデメリットの代わりに、障害年金の保障でメリットを享受するわけです。

 

 社会保険料の会社負担分を事実上の本人負担と見なすか否かについては見解が分かれていると思います。橘氏は前者と思われます。私も前者の立場です。

aqn1.hatenablog.com

 

*1:労働収入が得られなくなったときの保険としては、年金の他に健康保険の傷病手当金や失業保険の失業給付などがあります。